過失がない交通事故

実は厄介

通常の交通事故の場合は、任意保険に加入していれば保険会社が相手との交渉を代行してくれます。しかし、加入者に過失がない交通事故の場合は、保険会社は交渉の代行をできないことになっているのです。ですから、自ら交渉しなければならないのです。 但し、交渉相手は相手方の保険会社となります。交渉の素人とプロとの間で行われる交渉ですから、当然、交渉は相手方有利で進められます。結果、希望には程遠い賠償になってしまうのです。 また、相手が任意保険に加入していない場合もあります。その場合は素人同士の交渉となりますが、これも厄介です。素人同士だと、交渉が上手くまとまらないこともありますし、場合によっては、相手が交渉にすら応じないこともあります。結果、まったく賠償してもらえないこともあるのです。

弁護士費用特約の必要性

このように、自分に過失のない交通事故は、事故後に大いに悩まされてしまう交通事故なのです。但し、解決策はあります。 保険会社は交渉の代行ができなくても、弁護士は代行できます。ですから、弁護士に交渉の代行を依頼すれば良いのです。 ただ、そうなると別の問題が発生してしまいます。保険会社が交渉を代行するのは無料です。厳密には、支払っている保険料に交渉代行料が含まれています。しかし、弁護士の場合は常日頃から料金を支払っているわけではありませんから、交渉の代行を依頼すれば、当然、料金が発生してしまいます。 その料金によって、賠償額が損なわれてしまうことになるでしょう。それでは、弁護士に交渉の代行を依頼するメリットはないと言えます。 しかし、このことにも解決策はあります。任意保険の特約には、弁護士費用特約という特約があります。この特約は、弁護士費用を保険会社が支払ってくれるという特約です。ですから、弁護士費用特約を付けておけば、弁護士に支払う料金を心配する必要はないのです。