税金の対策

税金は安くなる

前者は文字通り、生前に財産を贈与することで、もちろん、日本の税制の中で最も高い税金である贈与税がかかってきますが、贈与方法を工夫することで相続税をより安く済ませることもできます。また、相続精算課税を利用すれば、最大2500万円まで贈与税がかからないのです。 一方、後者は小規模宅地等の特例などを適用して評価額を安くしたり、税額控除を適用できるように工夫することで、納付税額を安くしようという方法になります。相続税の節税対策には相続発生後でもとり得る対策もありますが、中心はあくまでも生前贈与や土地活用、生命保険や自社株、世代飛びこし相続対策です。

相続時精算課税制度の上手な活用法とは

スムーズな相続には生前対策が不可欠です。相続時精算課税制度は従来の方式との二者択一となります。選択は受贈者の意思決定にもよりますが、選択して損なのは、贈与財産として受贈した財産価額は贈与時の時価で計算されるので、相続時に下がるケースです。 逆に選択して得なのは収益の上がる土地を贈与してもらった場合になります。例えば、駐車場を経営で着たり、中古車センターに貸与することができれば、年間数百万円の収益が上がるのがメリットです。この金額をプールしておけば、税金の支払いが楽になります。 さらに、その土地に関しては優先的に相続できる可能性が高くなるのです。生前に受贈したという事実は大きく、分割協議のときに白紙撤回して再分割という話になりにくくなります。